2006年10月

2006年10月22日

杉田の味噌

先日のふるさと宅急便の中に、味噌漬けが入ってました。
やっぱり日本人です。白いゴハンに大味噌汁と漬物の組み合わせ、なんだかほっとしますよね。とはいえさすがにお漬物は自分では漬けられないし、コンビニで売ってるものはバリバリ添加物だらけだし、しかも美味しくないし・・・デパートで買うと意外に高かったりするし。
だからこういう宅急便は大歓迎なのです。さすが母、わかっていらっしゃる。。
今回送られてきたのは母の生まれ故郷にある蔵元、老舗の「杉田味噌屋」の味噌漬け、「きゅうり」「なす」「ごぼう」「大根」の4点セット。ちょっとしょっぱめですが、絶品です。大豆も地元産のものを使用し、昔ながらの製法で手間隙かけて作ってます。もちろん無添加。これぞ、スローフードです。
味噌漬

2006年10月20日

黒トリュフのバター5

先日、上の階に住んでいる方からフランス出張のお土産、ということで黒トリュフのバターをいただいた。トリュフバターを食べるのは初めてなので、どうやって食べるのがいいのか聞いたところ、そのままパンにつけても、パスタにからめたりオムレツを作るときに使っても美味しいんだそうだ。
ふたを開けてみるとふわっとトリュフの良い香りが・・・さすが世界の3大珍味である。早速パン(ブール)を買ってきて黒トリュフバターを惜しげもなくたっぷりと塗り、トースターでこんがりと焼いてみた。うーん、焼いている間、ますます良い香りがお部屋中に充満!
お味のほうは、いうまでもなく美味しいっ!!!これはひさびさに感動ですヒットです!しばらくマイブームになりそうだな。体調が良くなったら早速デパートで売っているか探しにいこうっと!

トリュフバタートリュフバター&パン

2006年10月19日

食べる菊

たいていの人に話すとえーっ?って驚かれるのですが、私の田舎では菊を食べる習慣があります。そう、食用菊と言われているものです。黄色い食用菊の「阿坊宮」 紫色の花弁が「もってのほか」という名前。どちらもなんか変な名前ですよね。この一風変わった名前「もってのほか」の由来は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」だとか、「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」といったことだとかいわれてるらしいです。

私はちょっとクセの強い黄色のほうよりも、あっさりとしたもってのほかのほうが好きですね。食べ方はいろいろあるみたいだけど、やっぱりおひたしや酢の物で食べるのが我が家の定番。これ、冷凍しておくと結構日持ちするんですよ。先日、冷凍した酢の物を母が送ってくれました。このきれいな紫の色はもちろん、天然の色です。
菊

2006年10月01日

ふるさと宅急便

先日、実家の母から季節のふるさと宅急便「梨」が届いた。正確にいうと、近くに住む姉夫婦にどーんと送ってくれて、それをおすそ分け?してもらったということなんだけど。
久々の20世紀梨はみずみずしくってシャキシャキしてて、とっても美味しかったわ
「お米送ってぇ〜!」という電話をすると、米と一緒に野菜や果物から手作りのお惣菜、インスタントコーヒー、何故か柿の種、近所の手作りパンなんかがダンボールにぎゅっと詰められていて、必ず母の手紙つきで送られてきたものだ。。手作り惣菜以外は別に東京で買えてしまうものだし、別に実家が農家ってわけではないんだけど、こうやってあまえるのも親孝行なのよ〜と、定期的にお願いしていた。父が亡くなってからは、買いに行ったりするのも大変だろうから、とずっとお願いするのは控えていたんだけど、そろそろ母も「娘に何か送ってあげたい病」が復活してきたようです。
今日は天気も悪かったので、引越し前に処分できなかった手紙類を片付けていたら、今まで宅急便の中に入っていた母からの手紙がごっそり出てきました。ほかの人の手紙は捨てられても、これだけはやっぱり捨てられませんね。。

梨

Profile