2010年04月

2010年04月30日

週末農業体験 貸農園土づくり

2反ほどの広さのこの農地。もう何年も作物を育てていない不耕作地は、荒れて雑草だらけ、土は養分が不足してるので、きちんと土づくりをしないと農地として再生できません。
0418週末オーガニック農園 039













およそ2年ほど前、まずは雑草を刈り取るところからスタート。まずはトラクターで耕うん。植物のチカラを借りてまずは土を柔らかくしようと、一面コスモスの種を蒔いてコスモス畑にしました。その後、そのコスモスたちを刈り取り、土地を約20cmほど天地返しし、栄養分を循環させ乾風にさらし日光のチカラを借りて殺菌します。その約2ヶ月後に堆肥を蒔いてすき込み、次の月には大量のもみがらをすき込み、、、
0418週末オーガニック農園 014













0425貸農園準備もみがら2













何度も畑をうねり、水はけのための水路をつくり・・・などなど、とにかく時間も手間もかけて、再生させているんです。
水路を掘ってもらうにも、ちゃんと区画部分を測って、通路部分も計算しなければなりません。これが結構大変で。。人の感覚で「まっすぐ」と思っていても、じつはそうでないこともしばしば。そもそも、畑自体が真四角というわけでないわけですからね。ロープを張りながら計測するのも一苦労です。
0425貸農園準備区化区分け1













こちらは、水路を掘ってもらっているところ。機械のパワーはさすがです〜。あっという間に掘れてしまいます。
0425貸農園準備 015













ちゃっかり乗せてもらってご満悦
水路掘り













その後、雨が続き畑はドロドロに。。でも、ひとまず水路を掘っておいて良かったです。
100429週末農業体験水路













さらに畑全体をうねってもらって、あとは区画割りをして、ロープを張って、区画番号のプレートをつけて・・・というところで、先日はあまりにも畑がぬかるんでいて断念。。
100429週末農業体験 015













明日の朝に一気に作り上げます。なんと明日、5月1日はもう開園式なのです。ちゃんと間に合うかしら。。(/TДT)/ 

organic-sugar at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!週末農業体験 

2010年04月29日

週末農業体験 開園準備

利用者のみなさんにとって、あると便利な備品とか、農具の整理整頓に必要なものとか、農地の区画割りに必要なものとか、もろもろ、かなり手づくりしています。

区画整理のためにロープをひいたりするためにも、杭が必要。腐食を避けるためにも、また作業効率を上げるためにもちょっと目立つように黄色のペンキを塗っています。
100429週末農業体験ペンキぬり2













あれ?なんか杭じゃないものも黄色く塗られてますけど。。Σ( ̄ロ ̄|||)
100429週末農業体験ペンキぬり













ちょと座るのに便利かな?と、これまた廃材の太めの木に板を釘で固定。
100429週末農業体験椅子づくり













クワやシャベルなどを立てて置いておく為のモノも手づくりしております。
100429週末農業体験農具たて













これは、区画の番号などを立てるための木の杭。こちらも腐食しないようにペンキを塗っています。
100429週末農業体験プレート1














ペンキを乾かしてる間に・・・
100429週末農業体験プレート2























区画番号を書きました(・◇・)ゞ
100429週末農業体験プレート3













これを用意していた杭に固定。
100429週末農業体験プレート4













そんなこんなで、気づいたら日が暮れてました。。

今日はとっても大きくてきれいな夕日が見れました〜オオーw(*゚o゚*)w
100429週末農業体験夕日

organic-sugar at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!週末農業体験 

週末農業体験 廃材の有効利用

近々開園する貸農園の準備です。必要な備品は購入もしますが、出来る限り廃材も有効利用しているんですよ!
まずは、放置され、積み上げられていた大量の瓦・・・そういえば瓦って原料は粘土、つまり土ですよね。古くなって屋根での利用価値がなくなったとしても、ちゃんと将来的には土に還る、エコ素材です。
0418貸農園準備かわら1













この大量の瓦をせっせと運び出し、誤って水路に落ちてしまったりしないように通路のはじっこに並べました。
0418貸農園準備かわら3













雑然と置かれていた瓦の一部は、割って砂利のようにし、ドロドロでぬかってしまう道を整備。このままでは滑ったりして危ないので、ユンボで何度も踏んでもらったり、カナヅチで叩いて割っています。現在ではこの状態からだいぶ細かくなっています!
瓦2























この大量の瓦、2日にわたり運んだり積み直したりしたんですよ。。
かなりの重労働です。
瓦













その甲斐あって、こんなにきれいに片付きましたよ!お子様たちも安心して遊べて、木陰で休憩ができるスペースができました〜
100429週末農業体験かわら置き場























続いて、こちらも切りっぱなしで放置されていた竹。何本かを選んで長さを揃えてのこぎりで切っています。これを、紐でくくって作ったのは・・・
100429週末農業体験竹1













畑から遠回りせずに上がってこれるように、水路をまたぐように作った竹橋!
100429週末農業体験竹31













オジサマ(失礼!)2人も、なんだかとっても楽しそうです(笑)
100429週末農業体験竹3

organic-sugar at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!週末農業体験 

2010年04月28日

週末農業体験 井戸水を通して洗い場を作る

およそ 1年半前から参加している週末農園、第3番目の農園は、不耕作地を農作業体験ができる場として有効活用するプロジェクト。

農作業をしてついた土や泥を洗い流すため、植えた野菜たちにあげるお水のために、地主の農家さんの井戸水を畑の近くまでひいてきて、洗い場を作りました。はじめはせっせとシャベルで掘っていましたが、さすがに大変〜。゜゜(´□`。)°゜。そりゃそうですよね。。

見かねた農家さんがユンボを持ってきてくださり、通れるところは、ガガガッ!と一気に掘ってくださいました!
0418貸農園井戸水1













農家さんのお家の方から、管をつないでいき、掘った穴に沿って設置していきます。
0418貸農園井戸水























つなぎ目はきっちり接着しないとね。
0418貸農園井戸水2













蛇口がついた水道を設置します。ちゃんと出るかな〜?
0418貸農園井戸水3













つなぎ目からも水が漏れることなく無事開通〜オオーw(*゚o゚*)w
0418貸農園井戸水4













洗い場を設置して出来上がりっ!
0418貸農園井戸水5













最後、掘った穴を土で埋めて終了です。都会じゃなかなかこんなコトする機会も、近くで見る機会もないですよね。なんだか小学生の野外活動気分(笑) 面白かったです〜ヾ(=^▽^=)ノ

organic-sugar at 00:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!週末農業体験 

2010年04月27日

春の味覚!掘りたてのタケノコ

この間の日曜日は引き続き農園プロジェクト。不耕作地周辺のお片づけや整備をせっせとしていたら、地主の農家さんが裏庭の竹林からタケノコを掘ってきてくれました!まさに掘りたて!の竹の子です。
0425貸農園準備たけのこ













スーパーで見る竹の子はきれいにカットされてたりするので感じたことなかったけれど、皮の部分の毛並み?といい、イボイボやギザギザ、根っこのにょろにょろ加減がなんだか生き物のようで、地球外生物のように見えてしまうのは私だけでしょうか。。
0425貸農園準備竹の子













仲間の子が掘りたての竹の子を早速煮物にして持ってきてくれました柔らかくてえぐみもなくって美味しい〜!
たけのこの煮物













そして、たけのこご飯まで!
春の味覚をたっぷり味わいました♪
たけのこごはん

2010年04月26日

ナチュラルハウス REAL ORGANIC LIFE 講座 〜1DAYレッスン〜

2010年5月より、ナチュラルハウスさんが「リアル・オーガニック・ライフ講座」を開催されるそうです!この講座を1日だけ体験できるという1DAYレッスンがこの土曜、青山のこどもの城にて開催されたので、早速体験しに行ってまりました(・◇・)ゞ
ナチュラルハウス・リアルオーガニックライフ講座













前半はオーガニックとは?オーガニックの認証についてやその歴史について、提唱するリアル・オーガニックとは? ・・・など、「リアル・オーガニック・ライフ」の著書もある須永晃子さんによる講義。
ナチュラルハウス・オーガニックライフ講座























後半は丸福製茶さんより、茶葉を摘み取ってから荒茶ができるまで、そして仕上げ茶の工程など、実際に茶葉を見たり色や香り比べながら、試飲をさせていただきながら、生産者様からならでは!の楽しいお話を聞くことが出来ました!
ナチュラルハウス・丸福製茶さん講義













今回はお試しの講座だったのですが、5月からはベーシックコース、アドバンスコース、実践コース、それぞれ金曜日クラス、土曜日クラスに分けて開催されるそうです。生産者の方のお話が聞ける企画も盛り込まれてるようですよ。気になる方は、詳細はナチュラルハウスさんまで問い合わせしてみてくださいね。

帰りには、ナチュラルハウスさんのプライベートブランドの「有機番茶」をお土産でいただいちゃいましたよ〜!有難うございます
ナチュラルハウスおみやげ

2010年04月23日

鉄平ブルーアガベシロップ 日本市場最安値で販売開始しました!

3月初旬にご紹介した「鉄平ブルーアガベシロップ」がとうとう販売開始となりました!私も、個人的にとても楽しみに待っておりました〜♪
販売価格は、1.3kgボトル×4本で、アメリカからの送料、税金込み$100.0になりました。4月22日現在の為替計算で9292円となり、日本市場最安値!?アガベシロップのヘビーユーザーの方にはうれしいプライス

さすがに1.3kgボトル×4本、この量は多いかな?と思われるかもしれませんが、コーヒーや紅茶などのお砂糖の代わりはもちろん、はちみつの代わりにしたり、煮物などお料理の味付けにも使えるので、アガベファンの方やご家族みなさんで使用されるなら、きっとちょうど良い量。ガロンのボトルのように大きすぎないので使いやすいですしね。

ちなみに、梱包用のクッションとなる緩衝材(ピーナツと呼ぶらしい)にも、完全生物分解(バイオディグレーダブル)で、穀物から作られたロハスピーナツを活用。ちゃんと環境にも配慮しているんですよ(*゚▽゚*)



木のひげのマフィン

木のひげのおやつ、久しぶりに食べました〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
こちらは、木のひげのマフィン。マフィンといっても、あのふわふわの一般的なものを想像してはいけません。見た目からして、まず背が低い。(ふくらみが少ない)ぱっと見蒸しパン風ですが、触っても食べても生地が重くてカタイんです。。でも、それがまた美味しいんですよ
木のひげマフィン













原材料は、全粒粉、南部小麦、温州みかんジュース、オーツ、レーズン、くるみ、なたね油、ココナツ、塩(岩塩)、シナモン、アーモンド、重曹。
木のひげマフィン2













卵も牛乳もバターも使っていません。お砂糖も使用せずに、温州みかんジュースを使っているというのがユニークですね。ほんのりシナモンの香りがして、全粒粉の香ばしさも感じられ、黒糖を入れてるわけではないのに、なんとなく黒糖蒸しパン風です。食感は全く違いますが(; ̄Д ̄)

2010年04月19日

三之助とうふ 豆乳入り寄せ豆腐「たまゆら」

今日は天気も良くて日差しも暖かく、体感温度も急上昇
お昼にふと美味しいお豆腐が食べたい気分になって、青山界隈をお散歩がてらお買物です。

美味しいお豆腐といえば三之助(みのすけ)のおとうふ。国産大豆に天然のにがりだけで作る昔ながらのお豆腐、久しぶりに寄せ豆腐の「ふわふわ」が食べたいなぁ〜と思って探してると、何やら初めてみるパッケージ!その名も、豆乳入り寄せ豆腐「たまゆら」です。
たまゆら













とろ〜り、濃厚な豆乳がたっぷり。その中にはさらに濃厚なとろとろの寄せ豆腐が!まるでカスタードプリンみたい!デザート感覚ですね。これは、間違いなく美味しいでしょう〜(*'-'*)
たまゆら2













何もかけなくても、驚きの美味しさ!大豆が、甘い!付属のはつかり醤油をかけてみると、さらに美味しいです〜w(゚o゚)w オオー!
たまゆら3

地球のことを考えて行動する日 アースデイの過ごし方

4月22日は「地球の日」アースデイ。この土日にはアースデイにちなんで、代々木公園でEARTH DAY TOKYO 2010が開催されたりと、各地でアースデイの企画やイベントが開催されてたようですね。今回の土日はスケジュールがあわず、残念ながらEARTH DAY TOKYOには参加できなかったのですが、埼玉某所にて、微力ではありますがアクションを起こしておりました(o^∇^o)ノ

今、農家さんの不耕作地を農地に復元して活用していこうというプロジェクトに、私も参加させてもらっています。(詳細はまた近々Blogで紹介したいと思ってます)その不耕作地周辺は、荒れてゴミだらけ・・・ここをきれいに整備して皆が集える空間を作ろうと、とにかくゴミひろいです。

いったい誰が捨てたのか?木の蔭から燃えないゴミの数々が、出てくる出てくる・・・
0418ゴミ













目につくものをざっと取り除いた後にも、枯れ葉の下からは燃えないビニールやプラスチック系のものなどが出てきます。いったい何年前のものなのか?腐食しないのでいつまでも無くならず、土にかえらずにそのまま残っています。。。
0418ごみあつめ













難しい言葉はいらないと思います。頭で考える前に、実際に手を動かし、カラダを動かして行動してみることで感じる事もあるし、また、見え方も違ってくるもの。個人個人が地球や環境のこと、少し考えて行動することで、大きな何かを起こすことができるのかもしれませんよね。
身近な活動を通じ、あらためて環境について考える一日となりました。

Profile