2010年10月

2010年10月30日

外見には多少難あり。。の国産レモンとコンフィチュール

先日、ある自然食品店さんで出会った国産のレモン。今年の猛暑、異常ともいえる気象の影響なのか、見た目に難ありのレモンたちです。味や中身には問題ないのだけれど、デコボコしてたり傷やしみがあったりして、B級品として通常のものよりも安く販売されていました。
国産れもん

確かに、ちょっと見た目はカワイクないかも。。でも半分にカットしてみれば、中身はもちろんきれいです。果汁を使うんだから、全然問題なしですよ!むしろワックスや防腐剤、防かび剤などを使用しているレモンの方が、気になりますよね。
国産れもん1

ちょうど、紅玉の季節です。このレモンと紅玉りんごを使ってコンフィチュールを作ることにしました!
紅玉林檎

そういえば、おととしの今頃にも、台風の影響で落ちてしまったりんごを使って作ったんですよね。あいかわらず分量もいいかげん。今年はもう皮ごと使って、ざくざく大きめにカット。レモン果汁とアガベシロップ、シナモンを入れてコトコト煮込みました。カタチはできるだけ残したまま、トロリと甘さ控えめに出来上がったコンフィチュール。いや、コンポート?こちらも見た目は難あり、でも味に問題なしですから(笑)
紅玉林檎コンフィチュール


週末農業体験 にんにくを植えました

今年もにんにくを植えることにしました!前回もかなりたくさん収穫できましたが、今年はその比じゃない!畑が広くなった分、たくさん植えました!実は私、らっきょうと生のにんにくはちょっと苦手で。。作業しててもニオイに酔ってしまうので(笑)にんにくの種球から一片ずつ離す作業はみなさんにお任せです。。
1023体験農園 006

数えていませんが。。。数百、いや、千以上はあるでしょう。。
1023体験農園 013

私は耕運機で耕し、畝づくりする担当!苦土石灰まく人、にんにくを置く人、土をかぶせる人、みんなで手分けして植えていきました〜!さすがにこれだけの量だと時間もかかります。。夕方、暗くなるまで作業は続きました。その夜、ポツポツと恵みの雨が!ちょっと植える時期は遅くなっちゃった感じはありますが、無事にスクスク育ちますように!
1023体験農園 018


organic-sugar at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!週末農業体験 

週末農業体験 ニームの木には本当に虫がつかない!?

実はこの夏、ニームの苗を畑の一角に植えていたんですよね。畑の近くを通る方にはよく、「それは何の木?」と聞かれました。あやしい植物?かと思われたらしい(笑)
異常ともいえる暑さの中、他の野菜たちは虫に食われたり、カラカラになってしまったりでしたが、さすがインド原産のニームは暑さに強いです。スクスクと育っています!新しい芽もどんどんと出てきています。
1023体験農園 001

私たちの畑はもちろん無農薬。虫よけ対策にニームの葉っぱを煮だした液などをかけたりしています。それでも、どうしても虫がたくさん発生してしまうんですよね。。
でも、驚いたことに、このニームの木には全然虫がついていない、そして、葉っぱも虫に食われていないんです。これを見ると忌避効果があるっていう話も納得しちゃいますね。
1023体験農園 002

インドは暑い国ですから、ニームの木は寒さには弱いはず。冬越しは出来ないかもしれませんが、今年はちょっと実験をしてみることにしました。藁や枯れ草などをたっぷりかけて温かくして。次回は、ビニール等で保温できるように対策します。
1023体験農園 010



organic-sugar at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!週末農業体験 

2010年10月23日

生産者連合デコポンさん発!おいしい畑から「手作りジャム」

安心・安全な野菜をお届している、生産者連合デコポンさんにオリジナルのジャムをいただきました!有難うございます
左から、さつまいものジャム、人参のジャム、不知火のジャム。不知火・・・は、「ふちか」ではなく「しらぬい」と読むんだそうです。知らなかった!あの柑橘のデコポンなんですね。
原料となるサツマイモ、人参は、生産者の加瀬さんたちが育てた、農薬不使用化学肥料不使用の規格外さつまいもを不知火は愛媛県の寺尾さんたちが育てたものを使用しています。もちろん、添加物不使用です。
デコポンのジャム 001













見てください!このキレイな色!原料の野菜を低温ソフトスチームという方法でペーストにしたものを使っているのですが、このスチーム技術がスゴイらしい。栄養を壊さず、色みもキレイに残して、しかも野菜本来の甘さを最大限引き出す技術なのだそうです。なるほどー。
さらっとしてて甘さ控えめ。糖度を抑えているので、野菜の本来の美味しさが、食べているとわかりますね。これなら野菜嫌いのお子様も美味しく食べられると思います。ヨーグルトに添えたりしてもイイですね
デコポンのジャム 007













味の決め手は、伊予柑と不知火を天然酵母菌で3 年以上熟成させたという果物エキスを加えてること。原料は愛媛県の寺尾悟志さんの特別栽培のものを使用しています。全ての原材料について「生産者の顔が見える!」って、いいですね。そして、今までは廃棄するしかなかった規格外の野菜を積極的に「美味しい」加工品にしていくという考え方も素敵です。

有機のそば粉が原料!グルテンフリー オーガニッククリスプブレッド

フランス「Le pain des fleurs / ル パン デ フルール」のオーガニッククリスプブレッド。一般的なクリスプブレッドは小麦粉やライ麦を使ったものが多いと思いますが、こちらは小麦を使わずそば粉を使っています。サクサクと香ばしくて、クセも強くなくて美味しいです
食物繊維もとれるしミネラルも豊富だから、今年の暑い夏、我が家の朝ごはんにはよく登場していました。時間がなかったり、食欲のない朝ごはんとか、コンフィチュールやごまペーストなどと一緒に食べてましたよ!
オーガニッククリスプブレッド1













原材料は、有機そば粉、有機サトウキビ糖、塩。これだけ。有機JAS認証マーク取得してます!
クリスプブレッド2













他にも、そば粉ではなく米粉をベースにキヌアや栗を加えたものも同じシリーズであるようです。気になるー!

2010年10月17日

ロハスの聖地コロラド州ボールダーより「TOKYO ORGANIC LIFE」をご紹介いただきました!

アメリカのロハスの聖地といわれるコロラド州ボールダー。そんな素敵な街に住むロハスなみなさんが「TOKYO ORGANIC LIFE」のオープンを紹介してくださいました!
ちょうど2年前のこと。前職を退職してふらりと一人旅をしようと思っていた時に、友人に「だったらボールダーに行ってみれば?」となにげなく言われた一言に何か直観的、運命的なものを感じ、ボールダーへ。行政や個人レベルにおいても、健康やエコに配慮する生活が実現されているその街を実際に目で見、体験し、肌で感じてきました。

Boulder在住のみなさまとはそのときの偶然的ともいえるご縁以来、お付き合いさせていただいております。
思い起こせば、その時からこういうサイトを作る!とみなさんに公言していたんですよね。ここまでくるのに2年もかかっちゃいましたが(笑)ようやくスタートラインにたつことができました。

Kei Izawa/井沢敬さんは、もともとは大企業に籍を置き、世界中を飛び回っていたスゴイ方。新たな視点で、人生を見直し、家庭、自分の住む街、地球的規模で何か役に立つことをしたい・・・と、ロハスの聖地に移り住み様々な活動をされています。月刊「ソトコト」で「ボールダー通信」を連載中。鉄平オーガニクス社/TEPPEI ORGANICS LLC.の代表でもあります。 IzawaさんはBoulder Lohasという自身のBlogでも、情報を発信しつづけていらっしゃるのですが、今回、ロハスForever! の記事のなかで「TOKYO ORGANIC LIFE」のサイトについて触れ、ご紹介くださいました。ちょっぴりこそばゆいんですが(笑)

是非みなさまもご一読ください!
boulderlohas


また、今回、当サイトでも掲載させていただいております、Colorado House International, LLC(略称:COHO)さんも、ボールダーざんまいで、「Tokyo Organic Life」オープン☆というタイトルで、TOKYO ORGANIC LIFEをご紹介してくださいました!

COHOさんは、「ロハス」「グリーン」「エコ」「サステナビリティ」をテーマとしたスタディツアーを得意分野とし、研修主催者様やお客様お一人お一人のテーマにあったプログラムをゼロから丁寧にお作りし、細部までサポートされます。日本語も大丈夫ですので、これからロハスの聖地、ボールダーへ行ってみたい!会社や団体でロハスツアーを組みたい!という方は相談してみてくださいね。その時は、是非「TOKYO ORGANIC LIFE」を見ました!と宣伝してください(笑)


どうぞよろしくお願いします

Organic-Sugar こと Aki Sato

2010年10月15日

祐天寺にひっそりと佇む古い一軒家

目黒区の祐天寺。駅からまっすぐ、駒沢通りと交差する角にレトロな一軒家があります。そして、その民家をぐるっと囲ったアートな壁。この工事中の建物、いったいどのように変わるのでしょう!?ワクワク♪もう少ししたら、Blogでもお知らせできるかな?どうぞお楽しみに〜(^_^)ニコニコ
keats

2010年10月14日

秋の味覚!国産和栗入りパンを焼いてみたけど・・・

ツインバード新製品の「ホームベーカリー」でパンづくり第2弾!前回は胡桃パンを作ってみましたが、今回は秋の味覚、栗を入れてみようかなーなんて、思い、チャレンジです。
国産和栗。。。っていっても、ちょっぴり手抜き(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
使うのはあらかじめ剥いてあるものを使用します。
この和栗、とっても大きいんです!一袋になんと5粒くらいしか入ってない。。ちょっとフンパツしてしまいました。
1013国産和栗のパン 008

栗だけではさみしいかな?と思って、松の実も加えてみます。
1013国産和栗のパン 001

そしてそして、国産強力粉に国産小麦のふすまをブレンド。なんか、ちょっとカラダに良さそうではありませんか!
1013国産和栗のパン 002

今回試してみる天然酵母は、白神こだま酵母ドライです。
1013国産和栗のパン 006

本当は夜にホームベーカリーでのパン作りをスタートして、朝に焼き立てのパンを食べるのが理想なんだけれど、なかなか時間がないもので、朝、ホームベーカリーに材料を入れてスイッチオン!冷めちゃっているだろうけれど、帰宅したら、焼き上がってるかなぁ?

・・・と、夜、家に帰ってから蓋を開けてみると、おおっ!できてるできてるっ。でも、てっぺんががっつりへこんじゃってます。。( ̄▽ ̄;)!!ガーン
うーん。。朝、バタバタと準備したから、また分量間違っちゃった?
1013国産和栗のパン 009

でも、中はしっとり、味はなんとか大丈夫。
あまり栗の味はしないけど(笑)
1013国産和栗のパン 011

後でよーく見てみると、和栗の水分が多かったため、イースト容器からちゃんと全部落としきれておらず。。トリセツにも、具入れ容器には「乾燥しているものや溶けにくいものを入れます。」と書いてあります。しっとりと水分を含んだ和栗はくっついちゃっうので対象外だったようです。生地づくりのコースにして、あとで練り込めば良かったな、と反省。そして、もしかしてもしかすると、まさか、この天然酵母は水に溶かさなきゃいけなかったのか!?というのが判明。ドライタイプだからといって、全部がそのままイーストと同じように使えるというわけではないのですね?


ホームベーカリーのせいではありません・・・
みなさん、計量はきちんと、そして説明書はちゃんと読みましょうね。
また次回作でリベンジしたいと思います!


2010年10月09日

巨大ハロウィン用かぼちゃのその後

週末農園で育てた巨大ハロウィンかぼちゃのその後の消息ですが、埼玉からはるばる都内へ運ばれ・・・芝公園一帯で開催「みなと区民まつり」のイベントで飾られ、ひときわ注目を浴びておりました。

こんなふうに完全に、遊ばれちゃってますが。。( ̄ー ̄)ニヤリッ
1009minatokuminmatsuri 011













真夏の猛暑の中、雑草と格闘の上救出されたカボチャ君たち。
1009minatokuminmatsuri 019













もらわれていくのはこの子です。
1009minatokuminmatsuri 022













もともと販売する予定ではなかったのですが、ハロウィンに使いたい!というお客様がいらしたので、お譲りすることになりました!デコボコとしてて色もあまり良くないし、若干器量がよくないのですが。。そこが良いのよー!と、気に入って下さったご様子。くり抜かれてキャンドルを入れて、ランタンにするそうです。どんなふうにおめかしされるのでしょうか?まるで、娘を嫁に出す気分です。
元気でね〜っ!可愛がってもらってね〜(*´Д`*)
1009minatokuminmatsuri 024

organic-sugar at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!週末農業体験 

2010年10月08日

オーガニックの情報サイト「TOKYO ORGANIC LIFE」プレオープンのお知らせ

以前から立ち上げの準備を進めてまいりました、オーガニックの情報サイト「TOKYO ORGANIC LIFE」 http://www.tokyoorganiclife.com/ が無事にリリースされ、本日プレオープンとさせていただきました!

東京都内や近郊にある自然食品の専門店、オーガニックカフェやレストラン、農業体験やイベント、フェスなど、オーガニックを「購入できる」「味わえる」「体験できる」「学べる」「楽しめる」・・・そんな情報がぎゅっとつまっている便利なサイト。オーガニックライフを送るひとりの消費者として、また、店舗の経験からお店側の視点として「こういうサイト、あったらいいのにな」という想いからスタートしました。

「探したい」ユーザー、「伝えたい」ショップやイベントなどの運営者様を「つなぐ」お手伝いができたら・・・また、Tokyo Organic Lifeを通じ、地域のお店に足を運び直接お店の方とお話しをしたり、様々なイベント体験で多くの人と出会い、日常的な会話や情報交換をしたりと、コミュニケーションが築かれるきっかけになれば・・・うれしく思います。

リリース前、アポイントなしの飛び込みにもかかわらず、快くお話を聞いて下さり掲載を許可して下さったお店の皆様。
本当に有難うございました。

まだまだ情報数も少なく、機能の追加や修正が必要な部分もあり、ポータルサイトとしては生まれたばかりのひよっこ。。 
突っ込みどころ満載の状態ではありますが、どうぞ長い目で見てやってください。。これからも1件1件お店を訪問させていただきながら、想いをこめて丁寧につくっていきます。時間はかかるかもしれませんが、ゆっくりと着実に進化していきたい・・・そう思っています。

正式なオープンやプレスリリースなどは、まだ、もう少し先になりますが、いつもこのBlogをのぞいて下さる方や、ご協力いただきましたみなさま、アドバイスいただいた諸先輩方や友人に、まず先にご報告です。
これからも応援していただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。  

Organic-Sugar こと Aki Sato

top

Profile