2011年11月15日

東日本大震災で被災した有機農業生産者を支援するプロジェクト

友人が携わっている「SHARE THE LOVE for JAPANプロジェクト」が始動するとのこと。情報をシェアさせていただきます!

東日本大震災で被災し、他地域へ移住した有機農業生産者様が対象。移住先にて、初めての圃場で行う作付け、スタートアップの補助。そして、今後も継続的に、安定的に農作物を栽培、収穫できる環境づくりの支援を行うという、企画です。
ご興味のある方は、下記、事務局までお問い合わせしてみてくださいね。

一次公募は本日から11月末日までとなっています!

*****************************


【企画要旨】
企画名称 :  SHARE THE LOVE for JAPANプロジェクト

企画内容 :  東日本大震災で被災した有機農業生産者を支援

対象生産者 : 東日本大震災で被災し、他地域へ移住した有機農業生産者

支援内容 : 他地域へ移住し、初めての圃場で行う作付け、スタートアップの補助を行い、今後も継続的、安定的に農作物を栽培、収穫できる環境づくりの支援を行います。

対象期間 : 一次公募 2011年11月15日〜11月末日
        二次公募2011年12月1日〜12月末日
       2011年12月より審査開始、契約、2月〜夏頃まで収穫


【主催社】
会社名:   サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社
URL:    https://amespi.jp/ 
      (※サイト閲覧には会員登録が必要です)
代表者:   代表取締役社長 東智徳
本社所在地: 東京都港区白金台3−19−6 白金台ビル4F
業務内容:  サンタフェ ナチュラルタバコ社の「ナチュラル アメリカン スピリット」ブランドの日本での輸入・販売を行う会社。1996年日本での販売開始、2007年3月日本法人設立、2010年5月現在の社名になる。100%化学物質無添加タバコが特徴。

【企画に至った経緯】
サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社の親会社であるサンタフェ ナチュラルタバコ社(本社:US)は、1982年アメリカのニューメキシコ州・サンタフェで誕生して以来、地球に優しい栽培プログラムを採用してきました。2000年にはタバコとして世界で初めて米国農務省(USDA)のナショナルオーガニックプログラム(NOP)で認定され、また本社設備や工場で使用する電力も100%風力発電にて賄うなど、生産工程から環境に配慮した活動を行ってきました。
2011年3月に日本で起きた東日本大震災により被災した有機農業生産者の方々に何かご協力出来る手段はないかと考え、製品の売上げの一部を元に、他地域に移住し移住先で有機農業を再開する有機農業生産者を対象に支援プロジェクトを立ち上げました。


<本件に関するお問い合わせ先>
SHARE THE LOVE for JAPANプロジェクト
東日本大震災 被災者支援 有機農業再生支援事務局 
担当 高橋 一也

東京都渋谷区渋谷1-16-9 渋谷K•Iビル4F 
TEL:090-3688−4513(平日9:30−17:30)
eMail:sharethelove01@gmail.com

organic-sugar at 11:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!Lohas Friends 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile