自然食品・オーガニックフード

2011年11月24日

森の山小屋コーヒー / Forest Cabin

バタバタと出かけようとしていたところ、急きょ、スケジュール変更の連絡が入り。ならば・・・と気持ちにも少し余裕ができたので、濃く淹れたコーヒーでつかの間のリラックスタイムです。

本日のコーヒーは、
LIFEMAGICさんの「森の山小屋コーヒー / Forest Cabin」。
オーガニックコーヒーの老舗、京都・錦の玉屋珈琲店とライフマジックさんのコラボ。もちろん、オーガニック認証マーク付きです。

うん美味しい

http://www.lifemagic.jp/product/coffee/index.html

Forest Cabin Coffee


この、開けたての香り!お届けできないのが残念〜
ForestCabin


ライフマジックさんのコーヒー、これ、注文をしてから焙煎していただけるんです。挽きたて、つくりたてが届くって嬉しいですよね。

ネットの通販、最近では当日にお届け!?なんていうのもあって、それは確かに便利ですが・・・
お店の方や生産者の方が、ひとつひとつ、丁寧に用意をしてくれているのを思い浮かべながら、のんびりお届けを待つのもいいんじゃない?
なんて、最近思うようになりました

さ、一息ついたら、オシゴトがんばろう〜

2011年11月18日

BIO 海藻入り5穀のクラッカー@フランス

こういうの、好きでしょう?とTAKAKOさんよりフランス、プロヴァンスのお土産で頂いたオーガニック認証のビスケット!有難うございます。こーいう素朴系コナモノ大好きです
BISCUITS BLE 5 CEREALES ALGUES 02

ビスケットといっても、バターたっぷり系ではなく、日本でも自然食品などで良く販売されている、ノンシュガーのカタイビスケット系、という感じです。穀類がかなりツブツブのまま残っていて、良く噛んで食べる感じ。甘くないので、パンの代わりに朝ご飯にもいいですね。英語記載がないですが、30%5穀の粒が入ってること、1.5%海藻が入ってる、、、というのはなんとなく表示で分かります。
BISCUITS BLE 5 CEREALES ALGUES 01

先日、フランス語表示を姉に見てもらったら・・
原材料はオーガニックの「燕麦」「小麦」「ライ麦」「大麦」「米」の5穀を使ってるもよう。他に、胡麻油、モルトエキス、大豆、海藻、自然海塩 でした。
牛乳やバターなどの乳製品、卵など動物性の物は使用していないようですね、マクロビ、ベジタリアンの方にもOK。ミネラル、食物繊維がたっぷりのヘルシーなビスケットです
BISCUITS BLE 5 CEREALES ALGUES 03


2011年11月12日

BIOチョコ@フランス

フランス、カルフールの板チョコ。カカオ40%の、BIOのミルクチョコレートをお土産でいただきました!TAKAKOさん有難うございます〜
あっという間にペロリ、食べちゃいました。確実にカロリー過多ですね・・・ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
BIOチョコ2

さて、オーガニックのチョコレート。最近はあちこちで見かけるようになってきましたが、海外のオーガニックチョコを日本で購入した場合、100gくらいの板チョコで1枚500〜1000円近くとかになってしまうのですよね。。もともとの価格にさらに輸入コストがかかるわけですから、これくらいの価格となってしまうのはしょうがないこと。さらにこれが、フェアトレードのものであれば、高くなってしまうのもナットクできます。
子供のおやつ、、、としてはちょっと高級すぎな感はありますが。
BIOチョコ1


適正価格って何だろう。
最近、いろんな場面で考えることがあります。

こちらも、フランスのチョコレート。
BIOチョコ3












パッケージを開けたら、紙にも何も、包まれていなくてそのままだった。。(笑)
BIOチョコ5












このチョコレート、紅茶の葉っぱが入っています。たまに口の中に残りますが、ポリポリと葉っぱも食べられます( ̄ー ̄)ニヤリッ
BIOチョコ4


2011年11月06日

無農薬・無添加いちご乾果@台湾

9月に台湾に行っていたT's FOOD LAB 代表のたかこさん。かなりの台湾ツウです。何度かオーガニックやベジの視察のため、たかこさんと台湾へ行きましたが、今回はスケジュールが合わずに私はご一緒できず・・・残念でした!

さて、こちらはたかこさんが台湾で見つけてきてくれた、無農薬、無添加のフリーズドライイチゴ。
台湾産のものですが、日本語の表記もあります。
いちご01

裏ラベルには、HACCP、KOSHER、SGSの認証である旨が表記され、さらに、袋の中にはハガキサイズの印刷物で、SGSの農薬の検査報告が2枚入っているといるという丁寧さ。
いちご02

いちご05

袋にそのままドライイチゴが入っているものと想像していましたが、個包装です。さらに、一緒につけて食べるための蜂蜜のポーションが入っていました。これ、国産の無農薬いちごで同じように作ったら、すごい価格のモノになりそうですねぇ。。(;´Д`)
いちご03

個包装の中身はまるごとイチゴ!とってもきれい〜。
蜂蜜なしでそのままパクリ!イチゴの酸っぱさ、そのまんま。蜂蜜つきというのもナットクです。
いちご04

ビタミンC補給に良さそうですね〜!ビタミンの値が記載されてなかったのが残念。

2011年05月14日

古代小麦のオーガニッククラッカー 〜ヴェレッテ・カムート たまりしょうゆ

デュラム小麦の古代原種、カムート小麦(KAMUT)を使用した、イタリアの有機認証機関ICEA認定のオーガニッククラッカー。原材料は、有機コーラサン・カムート小麦粉、有機エキストラバージンオリーブオイル、有機生姜、海塩、有機たまり醤油・・・生姜とたまり醤油味なんですよ!なんとも日本人好みな組み合わせですね
ヴェレッテカムート1

想像よりは、結構固め、バリバリと噛みごたえがあって、思ったより醤油の味はしません。さりげなくジンジャーのピリッ!とした感じはあります。古代エジプト時代から使われていたといわれているカムート小麦の、素朴な味と香りがしっかり感じられて、そう、本格派のピザ生地をパリッ!とクラッカーにした、そんな感じだなー、と思ったら、このクラッカーは火釜のオーブンで焼いてるみたい。電気オーブン不使用なんだそうです!
ヴェレッテカムート3


2011年05月11日

ベジタリアンのためのオーガニックパテ

動物性のものを使わずに作った、しかもオーガニックのパテ!普通は肉やフォアグラ、魚介類を食材とするパテですが、こちら「タルテックス オーガニック ベジタリアン パテ」は、見た目は普通のパテと変わりないのに、実はポテトスターチやトマトピューレ、オーガニックのオイル、イーストなどで作られています。完全にヴィーガン対応。そして、オーガニックの認定商品なんです。ハーブやマッシュルーム、ポモドーロ、ペッパーなど、色々な種類が出ています。
タルテックス オーガニックパテ

オーガニックパテ

軽くすませたい朝食や昼食などでクラッカーやクリスプブレッドを食べることも多いのですが、マーマレードやジャム、チーズといったものの他に、このパテで味のバリエーションを楽しんでますサンドイッチを作る時など、バターたマーガリンの代わりに使ってもいいですね。ちょっとしたパーティーやワインのおつまみなどにも活躍しそう!
オーガニックパテ2

常温でも保存でき日持ちがするので、常備しておくと便利ですよ。

2011年03月21日

SOMERSAULTS オールナチュラルスナック

最近ちょっとお気に入り、アメリカ、SOMERSAULTS 'crunchy nuggets with sunflower seed & toasted grains'。お店で見かけた時に、あれ?さかさまになってる・・って、思わず直そうとしてしまいましたが、よく見たらもともとこういうパッケージでした(笑) 可愛いですね〜
SOMERSSAULTS 006


こちらのスナックは特にオーガニックというわけではないのですが、原材料は、ひまわりの種、小麦粉、全粒粉、胡麻、チコリファイバー、ハイオレイックひまわり油、オーガニックの濃縮さとうきびジュース、シーソルトなど。合成香料や保存料、着色料などは使用していません。no transfat、gmo free、all natural 、良質な脂肪分、鉄分やカルシウム、食物繊維が豊富なヘルシーなスナックです。この商品はパッケージの裏、左にスナックの現物サイズの写真が!ちゃんと、サイズどおり〜

SOMERSSAULTS 009


ナッツやシード系、オートミール系のバーも好きなんですが、固めるための糖類がちょっとネトッと、歯にくっつく系が多いんですよね。これはサクサクしてるのと、1口ずつポイッ!と口に入れられて、甘くない。クッキーともちょっと違うんですよね。茶色の方はココア味で、ブルーの方はシーソルト味です。シーソルトのほうは、お砂糖使用してません。小腹が空いた時にオフィスでちょっとつまめるので、ひそかに最近バッグに常備されてる率が高い、お気に入りのおやつです

2011年03月08日

CHAMBERGO(チャンベルゴ)社 オーガニックエキストラバージンオリーブオイル

スペインの美味しいオリーブオイルをいただきました
こちら、チャンベルゴ社のオーガニックエキストラバージンオリーブオイル。有機JAS認証も取得しています。農薬や化学肥料は一切使わず、除草も人の手で行っているんだとか。手摘みされたオリーブを収穫後、コールドプレス製法で荒くつぶし、自然ににじみ出てきたオイルを、ろ過せず上澄み部分だけを集めてすぐにビン詰めしているのだそうです。
遮光性のあるデザインボトル、見た目はテラコッタ風ですが触ったら違いました・・・ガラスです。でも、なんか、雰囲気あります。オリーブオイルでは珍しいボトルですね。そして、日本ではあまり考えられないことですが、ラベルの一番中央に何故か賞味期限と手書きの数字が書かれています。これは「3545」かな?5がSにも見えますが(笑)
これ、ボトルのひとつひとつ手書きのシリアルナンバーがつけられてるんですって。厳重に管理されてる証ですね。

オーガニックオリーブオイル 001


蓋はコルクになっています。付属で注ぎ口もついてきました。

オーガニックオリーブオイル 003


「搾りたてのジュースのようなフレッシュな・・・」とラベルにも説明書きがあるとおり、確かに、特有の苦さとか、ピリピリとした感じがなくてフルーティーで美味しいです
どんなお料理にも合いそうですが、加熱してしまうのはもったいない!これはパンにつけたり生食でいただきたいと思います。

オーガニックオリーブオイル 005


2011年02月21日

Ketchup de Rosa Mosqueta / ローズヒップケチャップ

ローズヒップケッチャップ!?という今まで出会ったことのない組み合わせに出会えてちょっと感激。ローズヒップってハーブティーとかジャムに入ってるくらいしか想像ができなかったのですが、ケチャップとは!女性に嬉しい、ビタミンたっぷりでキレイになりそな調味料ですよね。
ローズヒップケチャップ 002


ありがちな組み合わせですが、まずはオムレツにかけて食べてみました。結構ドロッとしてて具だくさん。お肉は入っていませんがミートソースみたいですね。着色料など入っていないので発色はあまり良くないんですが。酸味が効いていてなかなか美味しいです!
オムレツじゃなくてもサルサソースとしてや野菜のディップにしてもイイですね。女性は好きですね、きっと。こういうの、日本にもあったらいいのになぁ。原料を見ると作れそうな気がしますが、たぶん、生のローズヒップの実の果肉が手に入らないとだめなんだろうな。

ローズヒップケチャップ 001


アルゼンチン在住の方からいただいたものなので日本では販売されていないんですが、面白い!と思ってメモメモ・・・原材料がスペイン語の為に読めず。。。゜゜(´□`。)°゜。 後からググッって調べてみました。たぶんこれであってると思うんですが、意外にもトマト入っていなかったです。
Pulpa de Rosa Mosqueta(ローズヒップの果肉),Ciruela(梅),Zanahoria(人参),Apio(セロリ),Vinagre(酢),Azucar(砂糖),Almidon de maiz(コーンスターチ),Cebolla(玉ねぎ),Especias y Sal(スパイスと塩).

2011年01月16日

古新聞がパッケージのエコなレトルトカレー

ある自然食品店の食品売り場で見つけました。一瞬、見ただけでは一体何なのかがわからなかった、このユニークなパッケージ。外国の古新聞を封筒のように折って、ミシンで縫った袋に手書きの鶏のイラスト。クレヨンか色鉛筆で色をぬったものをカラーコピーしてるのかな?
海外のエコ雑貨屋さんや、フェアトレードのお店などではこういった古新聞を利用した雑貨などはよく見かけるのですが、これ、国産のレトルトカレーなんですよね。食品のパッケージに利用しているっていうのは珍しい!国産のカレーだけど新聞は日本の新聞ではないってところはちょっと突っ込み入れたくなりますが(笑)
無添加チキンカレー


ミシン糸のところから切って中身をみると、レトルトパックが入っています。原材料は、国産鶏肉、じゃがいも、玉葱、トマト、野菜ジュース、ココナッツミルク、ココナッツオイル、フルーツチャツネ、カレー粉、生姜、にんにく、香辛料、塩、ボリビア岩塩、クミン。
アミノ酸、乳化剤、酸味料などは使用していないようです。
無添加チキンカレー2


発芽玄米ご飯でいただいてみました。国産の鶏肉の手羽元が骨ごと、ごろっ!と入っています。カレーはさらさら系。中辛にしてみましたが、思ったよりも甘めかも。
チキンカレー発芽玄米ライス


カレーをとりだした後は、ジャガイモや人参などの野菜の保存にご利用いただけます、と書いてあります。なるほど。この袋は地域の作業所で作成し販売されています、という紹介も書いてありますが、どうしてこういうパッケージを取り入れたのかとか、地域との福祉の取り組みについてとか、商品そのもののこだわりとか、販売者の想いをもっと伝える売り方をしたらもっと目に留まって購入しようかな?と思うかも。

パッケージは面白いな、と思うけれど、実際売り場の棚に並べると地味でわかりにくいのと、立てられず寝かせて販売する感じになるんですよね。カゴに入れるとかPOPを上手く活用するとか、見せ方に工夫が必要かもですね。価格はたしか600円ちょっとくらいでお高め。国産の野菜を使ったベジタリアンカレーとかをもう少しお手頃な価格であるといいなーと思います。

Profile