ビタミン・サプリメント・健康食品

2011年11月24日

melrose flaxseed oil / メルローズ フラックスシードオイル

久しぶりのαリノレン酸ネタかも?たまに摂るのを忘れてしまうこともあるけれど、ゆるゆると、実は、地道に続けてます。そのせいか、冬の乾燥からくるカサカサやカユミを抑えられてる感じ

最近のお気に入りはこれ。
「melrose flaxseed oil / メルローズ フラックスシードオイル」です。

melrose flaxseed oil


オーストラリアのオーガニック認証。低温圧搾なのはもちろん、光や酸素を遮断して40度以下で搾り、ボトルに詰められてるのだそう。ローフード実践者にもお勧めのオイルです。
開けたては特にフレッシュで食べやすいですね。特有のクセが少なく美味しいので、続けやすいです

melrose flaxseed


2011年02月25日

富有柿100%でつくった柿酢

マクロビオティックの陰陽でいうとお酢は「陰」といいますよね。とりすぎると体を冷やすということをカラダが知ってるのかな?夏に良く飲んでいたお酢も、冬になると自然と欲しくなくなります。少し暖かくなってきたので、そろそろカラダが自然と要求しはじめたようです。最近は豆乳に加えてヨーグルト風にしていただくのがお気に入り

こちらは九州酢造の柿酢。贅沢にも福岡県の契約農園さんが農薬を極力抑え、有機肥料を用いて育てた富有柿を100%使用しているんだそうです。昔ながらの製法で1年以上熟成。甘みや添加物などを使用しておらず、ツンとしすぎないまろやかな味わい!
富有柿の柿酢


2011年02月14日

西製茶所さんの「出雲国のべにふうき緑茶」

花粉が飛び始めたー!と大騒ぎしていたら、友人からうれしい差し入れです!「出雲国のべにふうき緑茶」、有難うございます~
べにふうき


ここ数年、紅富貴(べにふうき)は、「メチル化カテキンを多く含んだお茶」として各メディアで話題を集めています。花粉の季節の定番になりましたね。私も毎年この季節になると、良いと言われるお茶を一生懸命飲んでいます。数年前に比べれば増えているようですが、まだ作付け面積も少なく生産量も限られることから、今年の花粉の飛散量がスゴイ!というニュースでべにふうきの引き合いが殺到?といううわさもちらほら聞こえてきますが。。どうなんでしょうね?

いただいたお茶は、島根県の西製茶所さんの「出雲国のべにふうき緑茶」。西製茶所さんは、今ではちょっと珍しい、国産紅茶の製造を行っている製茶所さん。もちろん、各種緑茶類も製造していらっしゃいますが、個人的には国産紅茶の印象が強い・・・西製茶所さんの国産紅茶、自然食品通の方なら、お店で製品を見かけたことのある方も多いかもしれませんね!もともとはべにふうきは紅茶として加工される品種の仲間なのだそう。紅茶はお茶を発酵させて作りますが、茶葉を酸化発酵させ紅茶加工してしまうと、せっかくの注目成分メチル化カテキンがなくなってしまいます。だから紅茶ではなく緑茶として提供されるのですね、なるほど。



2011年02月09日

オーガニック亜麻仁油

私を良く知る人たちの間では、どうも亜麻仁油=ワタシ・・・のイメージが出来上がってるらしいです(笑)
先日、友人から新製品の有機亜麻仁油をいただきました〜
こちら、ニュージーランド産のオーガニックの亜麻仁油(Organic flax seed oil)。日本の有機JASも取得しています!

早速味見をしてみました!チアシードオイルに比べれば、少し独特の苦みは強いですが、後に嫌な味が口にのこらないですし、各社から出ている亜麻仁油の中では、比較的クセがなくて摂取しやすい気がします。超低温圧搾?だからなのかな?30度以下の低温圧搾だそうなので、ローフードを実践してる方にもいいですね。

今飲んでいるオメガ3、チアシードオイルがちょうど残りわずかとなってきたので、続きは久しぶりにまた亜麻仁油にしてみようと思います

Organic flax oil 003



2011年01月15日

北山村の「じゃばら」をつかった商品色々!

この2〜3日、くしゃみが少しずつ増えたような気が。。そろそろ花粉に反応し始めてるようです。゜゜(´□`。)°゜。

昨年末にこのBlogでも「じゃばら飴」を紹介しましたが、北山村だけに自生しているという、かんきつ「じゃばら」、花粉の飛ぶ季節にちょっと注目の素材です。そんなことを話していたら、友人から他のじゃばらアイテムを見つけてきてくれました。じゃばらドリンク2種と、じゃばらを使ったママレードとジャム!有難うございます〜

北山村のじゃばら


じゃばらのドリンク、1本は「皮入りドリンク 皮っ照」。。かわってる。。って、しゃれですか・・・。じゃばらの果汁に加えて、じゃばらの果実ペースト、皮も入ってる、ということみたいです(笑)
もう1本は、シンプルにじゃばらの果汁が10%のドリンクです。皮入りのほうが若干の苦味が感じられますが、どちらも柑橘特有の香りがあって飲むアロマって感じですね。個人的にはグラニュー糖や高果糖液糖を使ってるのが残念。甘みが気になる方は100%果汁のもあるようです!

じゃばらドリンク


じゃばらのマーマレードとじゃばらジャム。どちらも原材料はじゃばらとグラニュー糖。マーマレードのほうには、原材料にはちみつがプラスされています。ペクチンや添加物は不使用です。

じゃばらジャム・マーマレード


違いが分かりにくいので中身を出してみました。どちらもすくったときにスプーンの跡が残るくらい固めです。
写真だと違いは分かりにくいですねぇ。。マーマレードの方には薄くスライスした皮が入ってます。

じゃばらジャム&マーマレード


普通に売られてるオレンジのマーマレードに比べて苦味が強いかな。ちょっと独特の風味があって大人の味。どちらも美味しかったですよー。季節に関係なく、パンにつけたり、ヨーグルトに入れたりしてもいいですね。紅茶に入れて飲んでも美味しかったです

2010年12月08日

北山村だけに自生していた!かんきつじゃばら入り「じゃばら飴」

年末が近づくと、毎年「そろそろ対策しなくちゃ」って、花粉症を思い出します。毎回、この時期に思い出しながらも本格的な対策はついつい後回しになって、結局は3月になってから焦るんですよね。どうも来年春の花粉の飛散量はスゴイことになるというウワサですよ

ちょうど1カ月くらい前だったと思いますが、ショッピング中、ふと目にとまって思わず購入した「じゃばら飴」。じゃばらって、ユズやダイダイ、カボスの仲間の柑橘類なんですが、北山村にしか自生していない!?という貴重な果実。そういえば、数年前に花粉症に???といううわさもあってドリンクが大ブレイクしましたよね。効果のほどはわかりませんが、キャンディーなら持ち運びも便利だし、普通に美味しく気軽に食べられるからイイですね。
じゃばら飴 001


来年の花粉症対策、ナチュラル素材、ハーブ系では何が注目されるかな?職業柄、とても気になります。
また、これも職業病でしょうが、年内、早いうちにきちんと売り場を作っているお店、対策商品を品揃えしてるお店を見ると「なかなかやるなー。素晴らしい!」と、心の中で感心しております。ネットショップもそうですが、リアル店舗では、一番売れる季節より前にコーナー作りをしてお客様に見せる、啓蒙するのが売上UPのポイントです。(あくまでも経験則です
じゃばら飴 002



2010年11月16日

オーガニックのスーパーマヌカ BERRINGA (ベリンガ)

先日の代官山のヒルサイドマーケットで、素敵なマヌカハニーに出会ってしまいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
その名も、BERRINGA ベリンガ。ACOの認証はもちろんUSDAも取得しているオーガニックのマヌカですよ!

とっても希少なこのはちみつ。オーストラリア産でL.ポリガリフォリュームはニュージーランドマヌカの亜種にあたるものなのだそう。マヌカ同様、抗菌性物質MGO(メチルグリオキサール)を含んでいるそうです。
東オーストラリアの国立公園内、太古から手つかずに残された特定の生態系環境で生育する低木に集まる蜂から採取されてるんだそう。なんだか、それを聞いただけでものすごくありがたーい蜂蜜っていう感じ!


BERRINGA ベリンガ

UMF+12相当、UMF+14相当、UMF+25相当の3種あって、この「BERRINGA +550」が、MGOを550mg/1kg含有。UMF+25相当のものなんですね。見てください!この深い琥珀のような贅沢な輝きを!そして、味がまた良いんです。マヌカハニーは色々試していますが、独特のクセがあるものが多いです。このBERRINGAももちろん、若干の独特な風味はありますが、なんていうか、とっても上品な味なんですよね。美味しいです。

最近、インフルエンザが流行っているようですしね。これからの季節の体調管理にもオススメです。花粉の飛ぶ前から、私も食べ始めようかなと思っています。パンなどに塗って食べるにはちょっともったいないかな〜、と思ってしまうお値段ですが(笑)
BERRINGA マヌカハニー


まだあまり出回っていないようですが、輸入元さんのオンラインショッピングで購入出来ますよ!ヒルサイドパントリー代官山にもたぶんこれから販売されるかもしれないので、気になる方、近くに寄った時に是非のぞいてみてくださいね。


2010年08月24日

かけろまのきび酢

この夏は夏バテ予防に「かけろまのきび酢」を飲んでいました。2本目もそろそろ無くなりそう。奄美の良質なさとうきびを原料とした、加計呂麻(かけろま)のきび酢は、昔ながらの製法で添加物をいっさい使わず発酵し、加計呂麻島の風土で熟成させています。疲労回復にはやっぱりお酢がいいですね。健康のためにもなにかとお酢はよくとってるほうですが、この夏は特に意識して飲むようにしていました!そろそろ夏も終わり。かけろまさんにはこの夏とってもお世話になりました
かけろまのきび酢













さて、次はどのお酢にしよう?

2010年06月15日

ドイツ BIO認証 ビタミングミ Bio-VITAMINO-FRUTTI

バーに続き「Sugarちゃん、グミ好きだよね」。。って、いただきました〜!BIO認証のオーガニックビタミングミ。ドイツのお菓子と言えば、HARIBO。ハリボーのベアグミが有名ですよね。私も昔良く食べてたなぁ〜。そう、グミキャンディでオーガニックのものって少ないんです。わりと最近になって日本でも輸入物が見られるようになりましたが、まだまだ高いし・・・
美味しいグミを食べながらビタミンも補給できちゃう♪しかも、オーガニックというのは嬉しいですね
BIO VITAMINO FRUTTI













合成の着色料を使っていないので、色はそんなに鮮やかではないです。フルーツグミなので、それぞれ果物のカタチをしてます〜!
原材料は英語表記もありました。ゼラチンはpork gelatineを使っていますが、こちらもちゃんとオーガニックのものを使ってます。オーガニックの豚皮由来のゼラチンがちゃんと存在するのか。すごいな〜。
VITAMINO FRUTTI













ソフトカプセルとかも豚ゼラチンでオーガニックのもの、ドイツでは売られていたりするのかしら?

2010年06月14日

ドイツ BIO認証 ほおずきのバー Physalis

「Sugarちゃん、バー好きだよね」・・・って、すっかりそんな印象を持たれてるらしい。。そういえば、よく色んな方からお土産でいただいておりますね、私。皆さま、有難うございます(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
こちらもT氏のドイツのお土産、フルーツ系のオーガニックのバーです。残念ながら英語表記がなくって全部ドイツ語なんですが・・・
physalis













BIO認証マークつきですね〜!と、何気なくマーク周辺を見ていて気付きました。おおっ!?このパッケージの写真はもしや「ほおずき」なのではないでしょうか?
allos physalis













調べてみたら、「Physalis」というドイツ語は「ほおずき」のことだそう。日本でもここ最近、その栄養価の高さやアンチエイジング食材としても注目されてる食用のほおずきですが、ビタミンA、ビタミンC、イノシトール、ビタミンE、鉄分などの栄養素がバランスよく含まれてるそうです。そんな「ほおずき」を使った健康食品、ますますブームの予感がします。
physalis bar













ビタミンCたっぷり!といった感じの酸っぱいバーほおずきの種がぷちぷちしてて美味しいです。女子向きのアンチエイジングバー!?です

Profile